サイトのタイトルを変更した後の修正場所のまとめ

サイト名の変更のまとめ

ここでは、あなたが運営しているサイトにおいて何かしらの事情でサイトのタイトルを変更した後に修正するべき場所をご案内してます。

 

サイトタイトルの変更はSEOに影響が出て検索表示が一時的に下がるというのが一般的な見解です。

ただ、私はそれが懸念されつつも必要があって実行しました。
結果的に私の場合はガクンと下がるようなことは一切ないまま大きな変化はなく、二週間後くらいにはページビューは1、2割ほど増しになりました。

サイト名とコンテンツの中身の整合性も関係してくるので、絶対下がるというわけではなく私のように大丈夫な場合もあるようです。

確かに着々と育ってきたサイトタイトルを急に変えるというのは不安でしょうが、それでも変更が必要な方は今回ご案内する場所を確認してみてください。

 

作業内容は基本的にはどれも変更前のタイトルを記載している各記事の修正と各種サービスに登録してるタイトルの変更になります。

こちらでは主にワードプレスの利用を前提に進めてますが、他の修正場所はほぼ同じです。

 

なおドメインやURLなどの変更もされる方は今回とは別の話になるのでご注意ください。

 

サイトタイトル変更時の修正場所のまとめ

以下の場所を順に確認して新サイトタイトルに変更してください。

※各アプリケーションやサービス内の案内、操作方法は2020年10月時点になります。
予告なく仕様変更される場合もあるのでご了承ください。

 

ワードプレスの管理画面

サイト名の変更のまとめ

一番先に着手するのはやはり運用しているサイトタイトルの変更からになります。

 

ワードプレスをご利用の場合は管理画面の【設定】⇒【一覧】からサイトのタイトルを変更できます。
キャッチフレーズは必要であればタイトルやサイト内容にあわせて修正してください。

そして、この操作の後は新サイトタイトルが適用されてることになります。
(クローラーの巡回時期も関係します。)

 

ワードプレスの各投稿ページと固定ページ

恐らく環境によっては一番時間がかかるのがここの項目になります。

あなたが過去に書いた全投稿ページ、固定ページの中にある修正前のサイト名の記載をすべて見つけて新サイト名に書き直す作業になります。

基本は一ページ一ページ開いてページ内の検索機能(CTRL+F)を利用して修正前のタイトルを見つけていくことになります。

 

サイト名の変更のまとめ
ワードプレスの場合は管理画面から【投稿一覧】や【固定ページ】を開くと
右上にキーワードを含んだ検索ができる機能があるので、該当するページを絞って修正することが可能です。

 

なおご利用されてるテーマによっては、公開しているサイト内で検索機能を搭載しているものもあります。
(本ブログはザ・トールを適用しているので検索機能があります。)
もしそれがあるなら併用すれば作業がより早く進みます。

そして記事内だけではなく、
SEO対策プラグインをインストールしてあり、ページごとにタイトルや紹介文を個別に設定してる方はあわせてそちらの箇所にも変更前のサイトタイトルが含まれていないか確認する必要があります。

 

トップページとサイドバー(ウィジェット)内

全ページを修正した後でもトップページに固定ページを利用されてる方は、今一度、公開しているサイトのトップページで検索を実行し、修正前のサイトタイトルが残っていないか確認してみて下さい。

さらに、意外と見落としがちなのがサイドバーにあるウィジェットエリアの中です。
こちらは管理画面のページ検索ではひっかからないので一つ一つ上から確認してみて下さい。

 

お問い合わせフォームの返信メール

もしあなたのサイトにお問い合わせフォームを設置している場合は
サンクスメールなど自動で相手方へ送られる返信メールにも変更前のサイトタイトルが含まれている可能性があります。

せっかくメールを送って下さった方へ異なったサイト名からのメールが来ると混乱してしまうので必ず修正するべきところです。

 

例えばワードプレスでプラグインの「Contact Form 7」を使用してお問い合わせフォームを設置されている場合は以下の箇所の修正が必要になります。

 

【管理画面】⇒【お問い合わせ】⇒【使用中のタイトルを選択】⇒【メールのタブ】

 

【メール】管理人に届くメール
・題名
・メッセージ本文

 

【メール(2)】送信した相手が受け取る自動返信メール
・送信元
・題名
・メッセージ本文

 

設定変更後は、実際にご自身でお問い合わせフォームからテスト―メールを送信し、
届いたメールの内容を確認することをおすすめします。

 

以上がすべて終了すればサイト内での修正は完了となります。

 

グーグルサーチコンソール(Google Search Console)でXMLサイトマップの最送信

すでにサイトやブログを運営されてる方のほとんどはサーチコンソールに登録していると思われます。

ただ、2020年10月現在のサーチコンソールはサイト名ではなくURLで管理されていますので修正する必要はとくにありません。

 

ただ、サイトタイトルを変えたことによってサイトそのものに変更が加わえてありますので、少しでも早く検索結果にに新タイトルがインデックスされるように、XMLサイトマップの再送信やURLのリクエストなどもしておいた方が無難です。

 

サイト名の変更のまとめ

普段からサーチコンソールを使用している方前提のお話ですので細かい操作説明は省略させていただきますが、メニューの【サイトマップ】でサイトマップの送信ができます。

 

グーグルアナリティクス(Google Analytics)

グーグルアナリティクスはサーチコンソールと違い、URLだけでなくサイト名の登録もしてるので変更が必要です。

 

サイト名の変更のまとめ

変更場所は【管理】から中央上の【プロパティ設定】の【プロパティ名】になります。

細かいこといえば、これはアナリティクス上で自分だけが把握する為のサイト名なので、変更する必要性もそこまでないと思いますが、サイト名の統一は一つのルールとされているので変更しておいてください。

 

グーグルアドセンス(Google AdSense)

グーグルアドセンスもサーチコンソール同様、サイトタイトルではなくURLで管理しているので変更の必要はありません。

ただ、すでに作成してページ内に貼りつけてる広告ユニットの名前が前のサイトタイトルを使用してるので変更したい場合はご自身の判断で実行してください。

 

私はサイトタイトルの変更後も広告ユニットの名前もコードも「前のサイトタイトル」ですが、その後のクリック報酬に影響はしていないので特に気になりません。

もし「新たに新サイトタイトル用の広告ユニットを作成して貼りなおす
となると人によっては膨大なページ数もあるのでかなり時間がかかり面倒な作業になります。

それを踏まえた上で「広告ユニットとはいえ前のサイト名が残ってるのが気分的に良くない」という方のみ修正してください。

 

なお、アナリティクスとアドセンスを連携されててアナリティクスでサイトタイトルを修正した方は
アドセンスのホーム画面上の一部のアナリティクスのデータの中には新サイト名で表示されます。(オーディエンス、トラフィックチャネルなど)

 

自分が運営している他のサイトや外部リンクに残ってるサイトタイトル

例えば、あなたがサイトを2つ目、3つ目と運営していて、その中でサイトタイトルを変更したサイトへのリンクは貼っていますでしょうか?

要はタイトルを変更したサイト以外にも、前サイトタイトルを使用している部分は全て修正する必要性が出てきます。

 

他にも外部リンクで変更前のタイトル使って誘導してくださってる相手がいる方は可能であればメールなどで「修正依頼」を出すこともおすすめします。

せっかくの強力な外部リンクもサイト名の整合性が取れてなければ評価に影響が出ないともいえません。
こちらは外部リンクが多い方ほど大変な作業になるかと思います。

 

アフィリエイト運営会社(ASP)やSNSやランキングなどの各種サービス

最後はあなたが登録した各種サービスも登録時にサイトタイトルを入力してたら変更が必要になりますので修正してください。

 

・A8.netやもしもアフィリエイトなどアフィリエイトサービス関連

・twitter(ツイッター)やface book(フェイスブック)などのSNS関連

・人気ブログランキングやにほんブログ村などのサービス関連

・Youtube(ユーチューブ)の動画説明文、動画内など

 

 

サイトタイトルを変更した時に修正する箇所は以上になります。
矛盾が生じたり、トラブルを回避する為になるべく早く修正することをおすすめします。

 

スポンサーリンク
>THE THOR(ザ・トール)はサイトアフィエイトの強い味方です

THE THOR(ザ・トール)はサイトアフィエイトの強い味方です

ザ・トールはデザイン性・機能性・利便性・SEO対策・収益面などあらゆる場面で力強いサポートをしてくれます。 一度公式ホームページをご覧ください。

CTR IMG