SNSシェアボタンの設置

作成した記事の中にSNSのシェアボタンを設置できます。
訪問者にシェアボタンを押してフォローなどしてもらえればSNS上で拡散され、訪問者の増加にも役立ちます。

シェアボタンについては二カ所の設定場所があります。

適用するシェアボタンの位置と種類を選択する

【カスタマイズ→投稿ページ設定→シェアボタン設定】

まずは「シェアボタン設定」で配置するボタンの選択です。

※シェアボタンの設定は「投稿ページ設定」「固定ページ設定」それぞれに設定する必要があります。

 

ザ・トールのSNSボタンの設置

ここではページ上部と下部にそれぞれシェアボタンの表示、非表示の設定が可能です。

続いて適用したいSNSのサービスをチェックします。
利用できるサービスは以下の8つです。

・Facebook
・Twitter
・Google+
・はてぶ
・Pocket
・LINE
・Linkedln
・Pinterest

表示にした後、必要なボタンチェックをつけたら「公開」をクリックして適用します。

 

SNSボタンの設置

設定した場所にSNSボタンが表示されました。

なおSNSボタンは投稿ページの画面で個別に表示/非表示も設定することができます。

シェアボタンのデザインを選択する

【カスタマイズ→パーツスタイル設定→シェアボタン設定】

ザ・トールで使用できるSNSシェアボタンはデザインを変更することもできます。

 

ザ・トールのSNSシェアボタンの設定

シェアボタンデザイン設定の画面で「デザインを選択」のプルダウンを開くと11パターンの中からボタンのデザインを選ぶことができます。

 

ザ・トールのSNSシェアボタンのデザインお好みのデザインやサイズを選択しましょう。

SNSのOGP設定

【カスタマイズ→SNS設定→OGP設定】

OGPとは「Open Graph Protcol」の略称でFacebookやTwitterなどのSNSでURLが共有された際に、設定したタイトルや画像や説明文が表示されるようになりユーザーにページ内容を詳しく伝えることができるようになります。

設定しないとFacebook側などが自動で説明文や画像を表示してしまうので意図しない内容でユーザーに伝わる可能性ができます。
せっかくザ・トールで簡単にOGP設定ができるので利用することをおすすめします。

 

ザ・トールOGPの設定

こちらで画像を選択したりIDを入力します。

OGPの画像は横1200-縦600が推奨サイズです。
ご自身でサイトのイメージに会う画像を設定しましょう。

Facebookを利用してる方はAPPIDとユーザーIDを入力します。
Twitterを利用してる方はお好みのTwitter Cardの種類を選択してください。

SNSのFollow設定

【カスタマイズ→SNS設定→Follow設定】

最後にご自身の運営しているSNSのページとの連携の設定になります。

 

ザ・トールのSNSとの連携

こちらであなたがSNSで使用しているIDを入力することでHeaderやFotterにフォローアイコンを表示させることができます。

表示できるアイコンは以下のとおりです。

・Facebook
・Instagram
・Twitter
・Google+
・YouTubeチャンネル
・Linkedln
・Pinterest
・RSS

 

ザ・トールのSNSのフォロー
ヘッダーにアイコンが表示された状態です。
スマートフォンではメニューパネル内に表示されます。

シェアボタンだけでなくあなたが所持するSNSと連携することでより高い拡散効果が望めますのでご利用ください。

スポンサーリンク
>THE THOR(ザ・トール)はサイトアフィエイトの強い味方です

THE THOR(ザ・トール)はサイトアフィエイトの強い味方です

ザ・トールはデザイン性・機能性・利便性・SEO対策・収益面などあらゆる場面で力強いサポートをしてくれます。 一度公式ホームページをご覧ください。

CTR IMG