注目キーワード
  1. 設定
  2. 設置
  3. デザイン

CSSや各コードの設置

ザ・トールでは基本的に必要な機能はカスタマイザーからの簡単な操作でほとんどできます。

ただ、どうしても独自でCSSの設定したり、必要なコードを「header」や「body」タグの中に挿入したい機会もあるかと思います。

 

その場合は通常ですと、ワードプレス上でテーマエディターやプラグインエディターを起動することになりますが、
とくにプラグインエディターは目的の場所を探すのも大変ですし、ワードプレスの地盤となるPHPファイルを直接編集ことになりますので、最悪、間違った設置をするとワードプレスが起動しなくなるリスクもあります。

そのような状態に陥ると編集もできなくなる可能性もあり、バックアップからの再インストールなど膨大な時間を費やす可能性もでてきます。

 

その点、ザ・トールではそれらのコードの設置などもカスタマイザー内でできるので短時間で安心して着手できます。

 

なお、グーグルアナリティクスやグーグルアドセンスのコードの設置につきましては、
今回とは別の箇所で設置することになりますので下記リンクからご覧ください。

 

関連記事

【カスタマイズ→基本設定→アクセス解析設定】 ザ・トールではGoogleの提供している解析サービスである「Google analytics(グーグルアナリティクス)」や「Google Search Console(グーグルサーチコンソ[…]

グーグルアナリティクスのIDの確認
関連記事

ザ・トールではクリック型報酬のGoogle AdSense(グーグルアドセンス)の設定やダブルレクタングルの作成も簡単にできます。 グーグルアドセンス広告とダブルレクタングルの設定 【カスタマイズ→広告設定→個別ページ用広告設定】 […]

ワードプレスのおすすめテーマ【THE THOR】ザ・トールの機能紹介ダブルレクタングル

 

 

CSSの設置方法

【カスタマイズ→追加CSS】

ワードプレスのおすすめテーマ【THE THOR】ザ・トールの機能をご紹介 コードの設置

CSSを設置して細かい編集をされたい場合はこちらからCSSを記入できます。
こちらはワードプレスのCSS用のファイルである「style.css」(テーマによって名前が異なります)と同じものを呼び出しています。

 

headerやbody内のタグの設置方法

【カスタマイズ→基本設定→高度な設定】

ワードプレスのおすすめテーマ【THE THOR】ザ・トールの機能をご紹介 コードの設置
ヘッダー全体やボディー全体にコード内容を反映させたい場合はこちらから設置します。

【<head>直上の自由入力エリア】
必要なコードを<head>~</head>タグの中に入れたい場合はこちらの空白にコードを貼り付けます。

 

【<body>直上の自由入力エリア】
必要なコードを<body>~</body>タグの中に入れたい場合はこちらの空白にコードを貼り付けます。

 

その後、「公開」をクリックすれば適用されます。

スポンサーリンク
>THE THOR(ザ・トール)はサイトアフィエイトの強い味方です

THE THOR(ザ・トール)はサイトアフィエイトの強い味方です

ザ・トールはデザイン性・機能性・利便性・SEO対策・収益面などあらゆる場面で力強いサポートをしてくれます。 一度公式ホームページをご覧ください。

CTR IMG