301リダイレクトを簡単に設定できるプラグイン【Simple 301 Redirects】

ここでははワードプレスのプラグイン「Simple 301 Redirects」をご紹介させていただきます。

「301リダイレクト」は通常ですと「htaccessファイル」を記述したりと手間や知識が必要になりますが、このプラグインを利用することで簡単に設定することができます。

 

301リダイレクトとは?

任意のURLに施すことにより、訪れたサイトや押したボタンのリンク先を瞬時に別のURLに遷移させる仕組みです。

301リダイレクトはのような場合に利用するか?

一つの例としてあなたのサイト(ドメイン)の中身を別のサイト(別のドメイン)に引っ越しさせたい場合などに利用します。
301リダイレクトを設定することで引っ越し前のページに訪れたユーザーを自動で新サイトへ誘導できます。

 

私の例で申し上げますと、運営しているあるサイトの一つのカテゴリーを独立したサイトとして立ち上げたいと思うようになりました。

そこで新サイトにそのカテゴリーと同じ構造でページを作りましたが、サイトやブログを運営するうえで「コピペは良くない」という懸念点があります。

他者の既存のサイトの内容や文言をコピーしただけで自分のサイトでそのまま使うのが違反行為に値するので評価が下がるからです。
後から楽してパクッて評価を(検索表示)を上げさせない為です。

ただ自分の作ったものを引っ越しするだけでもコピーはコピーとして認識されてしまいます。(結局はURLが変わって別々のサイトになるので。)

かといって新規サイトにページを移した後、元のページから削除すればその辺は問題なくなりますが、それまでのページの評価そのものは新しいサイトで一からやり直しとなってしまいます。

ある程度元のサイトのページの評価や検索結果の順位を活かしつつ、新規サイトにページを移す為に301リダイレクトを施すことにしました。

 

また301リダイレクトを利用する別に考えれられる要因としては、すでに自分のサイトのトップページや特定のページ関わらずそこに対して訪問者が既に「お気に入り」や「ブックマーク」に入れてくださってる場合、そのURLが消滅すると、お気に入り登録時のURLをクリックしても当然ページが表示されなくなります。

そこで301リダイレクトを利用することで消滅したURLから瞬時に新しいURLへ遷移させることで登録してくださった方に不便を与えず離脱されることを防げるようになります。

 

 

次項から301リダイレクトの設定方法を中心にワードプレスをご利用している方に簡単に使えるプラグインの説明をさせていただきます。

 

Simple 301 Redirectsのインストールと設定

301リダイレクト※インストールするのは「遷移元」の方です。

まずはワードプレス管理メニューの「プラグイン」→「新規追加」で「Simple 301 Redirects」と入力して検索をします。
すると上記の「Simple 301 Redirects」が表示されますのでインストールして「有効」にしてください。

 

301リダイレクト続いて管理メニューの「設定」に新たに追加された「301 Redirects」を選択しますとリダイレクトのURLを設定する画面がでてきます。

 

301リダイレクト左側の「Request」の空欄にあなたの遷移元のURLの相対パスを入力します。

例として遷移元である(https://takarikaruga.com)内の浅草の紹介ページのURL(https://takarikaruga.com/2019/01/05/asakusa/)の赤い部分の相対パスを入力します。

 

続いて右側の「Destination」の空欄に遷移先のURLの絶対パスを入力します。

ここでは別サイトで作成した浅草の紹介ページURL(https://takari-japantravel.info/2019/01/23/sensouji/)を入力します。

 

/2019/01/05/asakusa/  ⇒  https://takari-japantravel.info/2019/01/23/sensouji/

 

301リダイレクト遷移元と遷移先を入力したら最後に左下の「変更を保存」をクリックすれば301リダイレクトの設定が完了です。

 

ワードプレスプラグイン301リダイレクトそれでは実際に301リダイレクトが正しく設定できたか確認してみます。

まず上記URL(https://takarikaruga.com)の「旅行・観光」メニューをクリックすると、「旅行・観光TOP」ページに移動します。

その中の「東京都のおすすめ観光スポット」の一番下に浅草寺の項目があります。
通常ですと「見出し」、「アイキャッチ」、「記事を読む」のいずれかをクリックすれば同じURL内の浅草寺を紹介しているページに遷移しますが、すでにリダイレクトの設定をしているので…

 

301リダイレクトクリックすると別サイトである「癒しの日本旅行記」の浅草の紹介ページ(https://takari-japantravel.info/2019/01/23/sensouji/)へ遷移しました!

これが301リダイレクトが正常に動作している状態です。

もし正しく遷移されない場合は遷移元か遷移先のパスの記述が間違ってる可能性があるので確認してみて下さい。

 

 

いかがでしたでしょうか。
ワードプレスを使用されている方ならばこの「Simple 301 Redirects」のプラグインを使うだけで簡単に短時間で301リダイクレトの設定が適用できます。

今回は特定のページで試しましたが、パスを工夫すればメニューごと、カテゴリーごとなど広い範囲を対象にお好みの用途にあった遷移が可能となります。

 

ザ・トールには301リダイレクトの機能は搭載されていませんし、必要性はないかもしれません。
逆に昔作ったサイトの中身を新たにザ・トールで作ったサイトへと遷移したい場合などには利用してみて下さい。

人によっては今は必要性なくても私のように突然、ページの引っ越しなど思いつくことがあるかもしれません。
そのような時は非常に便利ですので一度、お試しください。

スポンサーリンク
>THE THOR(ザ・トール)はサイトアフィエイトの強い味方です

THE THOR(ザ・トール)はサイトアフィエイトの強い味方です

ザ・トールはデザイン性・機能性・利便性・SEO対策・収益面などあらゆる場面で力強いサポートをしてくれます。 一度公式ホームページをご覧ください。

CTR IMG