注目キーワード
  1. 設定
  2. 設置
  3. デザイン

ショートコードの設置

【投稿記事ページ作成】

ワードプレスのおすすめテーマ【THE THOR】ザ・トールの機能をご紹介 ショートコードの設置
ザ・トールを適用したワードプレスには、投稿ページ編集画面の「ビジュアルエディタ」のメニュー欄に「ショートコード」が追加されます。

 

グーグルアドセンスの広告コードなど通常は長いコードでもこちらのショートコードを利用すれば簡素化されたコードで設置することができ、手順も非常に簡単なので利用してみて下さい。

 

ショートコードには便利な物が他にもありますので次項から説明をいたします。

 

↓なおこのすぐ下には「記事内広告」のショートコードを使用しています。

 

 

ショートコードの種類

操作方法はすべて、設置したい場所にカーソルをおいてメニューの「ショートコード」から任意の項目を選択するだけです。

 

※このページのボックス内の各コードの【 】は正式には[ ]になります。
説明の際、ショートコードが意図しない場所で適用されてしまうと紛らわしくなる為、あえて【 】に変えてあります。

 

目次を選択した場合

【outline】

 

上記コードが編集画面に表示され、公開したページでは目次が表示されます。

ザ・トールの目次の機能は一つ目のh2タグの前などに指定できますが、このショートコードを使用することでお好みの場所に目次を表示できます。

例えばこことか↓

 

 

なお目次の細かい設定方法は以下からご覧ください。

 

関連記事

ザ・トールではページ内の見出しを利用して目次を設定することができます。   目次を設定することで訪問者の目的が書いてある箇所に瞬時にジャンプさせることができます。 目次のタイトルはページ内のh2やh3など[…]

ワードプレスのおすすめテーマ【THE THOR】ザ・トールの機能紹介目次の設定

 

記事内広告を選択した場合

【adcode】

 

上記コードが編集画面に表示され、公開したページではグーグルアドセンスの広告が表示されます。

なおここで使用するアドセンスのコードは下記場所で設定した記事内広告になります。

 

関連記事

ザ・トールではクリック型報酬のGoogle AdSense(グーグルアドセンス)の設定やダブルレクタングルの作成も簡単にできます。 グーグルアドセンス広告とダブルレクタングルの設定 【カスタマイズ→広告設定→個別ページ用広告設定】 […]

ワードプレスのおすすめテーマ【THE THOR】ザ・トールの機能紹介ダブルレクタングル

 

カテゴリ記事指定一覧(新着順/ランダム順/ランク順)を選択した場合

カテゴリ記事指定一覧は「新着順、ランダム順、ランク順」と大きく3種類ありますが、設定手順は同じなので一緒に説明させていただきます。

 

・新着順
【archivelist cat=1 num=5】
・ランダム順
【randlist cat=1 num=5]】
・ランク順
【ranklist cat=1 num=5】

 

cat」にはカテゴリーのID番号を入れます。
複数指定したい場合はカンマ「,」で区切って下さい。

num」は表示させたいページ数です。

 

なおカテゴリーのそれぞれのIDの確認方法は以下からご覧ください。

 

関連記事

ザ・トールの一部の機能を利用するにはID番号を指定する必要があります。 ここでいう「ID」とは記事やカテゴリーなどそれぞれ個別に割り振られた番号になります。   例えば、記事ランキングやピックアップ記事の設定[…]

ワードプレスのおすすめテーマ【THE THOR】ザ・トールの機能紹介 アーカイブページの設定

 

 

【randlist cat=3,16 num=3】

例としてこの場合はカテゴリー3と16の記事の中からランダムで3つ表示しています。

 

ザ・トールのSNSシェアボタンのデザイン

作成した記事の中にSNSのシェアボタンを設置できます。 訪問者にシェアボタンを押してフォローなどしてもらえればSNS上で拡散され、訪問者の増加にも役立ちます。 […]

ワードプレスのおすすめテーマ【THE THOR】ザ・トールの機能紹介サイトの基本情報

【カスタマイズ→サイト基本情報】 サイト基本情報の各設定はワードプレスをインストールしてブログを稼働させ、ザ・トールのテーマをインストールした後はなるべく早く設 […]

ワードプレスのおすすめテーマ【THE THOR】ザ・トールの機能をご紹介 ショートコードの設置

【投稿記事ページ作成】 ザ・トールを適用したワードプレスには、投稿ページ編集画面の「ビジュアルエディタ」のメニュー欄に「ショートコード」が追加されます。 &nb […]


※上記設定内容の表示結果

 

うまく利用すれば記事の最後の誘導などにも使えます。
ザ・トールは「関連記事」の機能が若干弱いので、この「カテゴリ記事指定一覧」も併用することをおススメします。

 

 

ブログカード(外部サイトリンク)を選択した場合

【blogcard url=】

 

上記コードが編集画面に表示され、公開したページでは外部サイトへのリンクが表示されます。

ここではurlにリンクしたい外部サイトのアドレスを設定します。

 

【blogcard url=https://www.yahoo.co.jp/】

例としてurl=の後にヤフージャパンのアドレスを設定しました。

 

Yahoo! JAPAN

あなたの毎日をアップデートする情報ポータル。検索、ニュース、天気、スポーツ、メール、ショッピング、オークションなど便利な…

サイトカード(内部記事リンク)を選択した場合

【sitecard subtitle=関連記事 url= target=】

 

上記コードが編集画面に表示され、公開したページでは内部記事へのリンクが表示されます。
このページの目次や記事内広告でも本サイトへの内部記事リンクを使用していたのでおわかりかと思います。

 

「subtitle」はお好みのタイトルを入力し、「url」はリンク先のアドレスを入力してください。
「target」はとくに入れる必要がございませんが、新たなタブとしてリンク先を開きたい場合は「blank」と入力して下さい。

 

【sitecard subtitle=トップページだよ url=https://comfortable-wplife.com/ target=blank】

例として本サイトのトップページを新しいタブで開きます。
URLはトップページ以外は相対パスでも大丈夫です。

 

トップページだよ

本サイトではワードプレス(WordPress)のテーマである【THE THOR(ザ・トール)】の主な機能や特徴をご紹介をさせていただきます。 (以降、テーマ名は「ザ・トール」と表記します)   ザ・トールは機能の豊富[…]

ザ・トールのデモサイト

 

カスタムメニューを選択した場合

※こちらはワードプレスで事前にメニューを作成しておく必要があります。

 

【customenu menu=”メニュー名”】

 

上記コードが編集画面に表示され、公開したページでは作成したメニューが表示されます。

 

【customenu menu=”省略メニュー”】

例として簡略化したメニューを作成し、配置しました。

 

年指定/月指定/日指定を選択した場合

この「年指定、月指定、日指定」は設定手順は同じなので一緒に説明させていただきます。

 

・年指定
【date-year number=0】
・月指定
【date-month number=0】
・日指定
【date-day number=0】

 

上記コードが編集画面に表示され、公開したページでは年、月、日が表示されます。

 

現在を「0」基準に、numberの数値を変更することで過去や未来の年月日を表示させます。

年:1⇒来年
年:-1⇒去年

月:1⇒来月
月:-1⇒先月

日:1⇒明日
日:-1⇒昨日

 

2020年6月18日に設定した場合

【date-year number=1】
【date-month number=2】
【date-day number=-3】

 

2021 11 20

 

上記のように2020年6月18日から「来年」「二か月後」「三日前」の年月日が指定数の分だけ変換して表示されました。

ただこのショートコードがなんの為にあるのか定かではありません…。
詳細が分かり次第、改めて更新させていただきます。

 

スターリストを選択した場合

【star-list number=3.5】

 

上記コードが編集画面に表示され、公開したページではスターリストが表示されます。
このスターリストはレビュ―や評価記事を作成する時などに使えます。

 

なお星の数は「number」に下記の11段階からで指定して入力します。
【0、0.5、1、1.5、2、2.5、3、3.5、4、4.5、5】

 

【star-list number=4.5】
【star-list number=0】

 

 

 

 

ショートコードの説明は以上になりますがいかがでしたでしょうか。

アドセンス広告や内部リンクなどは頻繁に使いますので、非常に手軽で便利です。
どんどん活用してください!

スポンサーリンク
>THE THOR(ザ・トール)はサイトアフィエイトの強い味方です

THE THOR(ザ・トール)はサイトアフィエイトの強い味方です

ザ・トールはデザイン性・機能性・利便性・SEO対策・収益面などあらゆる場面で力強いサポートをしてくれます。 一度公式ホームページをご覧ください。

CTR IMG